誰もが安心して住み続けられるまちづくり

お知らせ

2021.01.15
1月15日(金)石垣市立伊野田小学校にて赤い羽根学童募金の贈呈式があり、総勢16名の児童のみなさんがお小遣いの中から少しずつ集めたという計5,663円の募金が寄せられました。我那覇隆校長から、日本での赤い羽根運動のはじまりについて説明があり「みなさんの募金するという心使いが大切です。これからも自分達ができることを考えていきましょう。」と話されました。最後に全員で記念に写真撮影☆ 心のこもった募金、大切に活用させていただきます!

児童代表砂川生陽(おとは)さん他、児童のみなさん
2021.01.13
1月8日(金)、オリオンビール株式会社様より「石垣市障がい児通所支援事業所ひまわり」へ20名分2万円のお年玉の贈呈があり、市社会福祉協議会会長新田健夫より子ども達一人ひとりへお年玉が手渡されました。
オリオンビール株式会社代表取締役兼CEO 早瀬 京鋳様より「今回の寄附を、子ども達の未来、そして笑顔のためにご活用いただければと思います。また、今後も沖縄の若者の未来のために、地域貢献活動えお継続していきたいと思います」とメッセージを頂きました。
利用児より、「このお年玉は貯金して、これから役に立つものを買いたいと思います、ありがとうございます」と感謝しました。

2021.01.08
赤い羽根共同募金(学童募金)贈呈式
1月7日(木)13:30~大浜小学校 校長室
校長:浦崎 喬
児童数:328名

7日午後、赤い羽根学童募金の贈呈式が石垣市立大浜小学校(校長 浦崎 喬:児童数328名)校長室にて行われました。
児童会がメインとなってドラえもん募金箱の回収を行い、集まった募金総額26,016円を「これからの社会に使っていただけると光栄です。」と新田共同募金委員会会長へ手渡した。
新田会長は共同募金運動の始まりや職域募金・学童募金といった募金の種類について説明を行い、「コロナの終息を願い、募金を必要としている人に届けたいと思います。しかいとぅにぃふぁいゆー」とお礼を述べた。

児童会役員の大島千佳(かずよし)さん、大島舞桜(まお)さん、北井ひまりさん、大山蒼輔(そうすけ)さん、砂川悠斗(はると)さん、吉田優大(ゆうだい)さんと浦崎喬校長先生、新田健夫共同募金委員会長
2020.12.28
八重山電気工事業協同組合様より、歳末たすけあい募金として40,000円の寄付をいただきました。
12月25日(金)に行われた寄贈式では、副理事長の仲野雅一様より「チャリティーゴルフ大会の収益金として、毎年この時期に寄付させていただいております。福祉活動にお役立てください。」とご挨拶をいただきました。寄付を受けて石垣市共同募金会の新田健夫会長は、「支援を必要とする方々のために大切に活用させていただきます。ありがとうございました。」と感謝しました。
八重山電気工事業協同組合様は、沖縄電力の供給区域で電気工事業を営む33社で構成され、歳末たすけあい募金への寄付は今年で7年目になります。

2020.12.25
12月25日(金)、石黒達也税理士事務所様より「障がい児通所支援事業所ひまわり」へ30万円の寄付をいただきました。
石黒税理士は、寄付にあたり「生まれながら、心と身体の不自由な子ども達の発達と健康増進に活用してほしい」と挨拶。寄付を受けて石垣市社協の新田健夫会長は、「クリスマスのこの時期に毎年、心温かい浄財を寄せていただき感謝します。遊具の購入や保育活動に有効に活用させていただきます。」と感謝しました。
石黒氏のひまわりへの寄付は今年で14年目。その他、毎年、自身が経営する農園「んまんまぴぴじゃ」へひまわりの子ども達を招待し、ヤギや馬とのふれあい体験を通して、動物を可愛がる気持ちや慣れ親しむ心を育む活動を継続していただいています。

2020.12.25
贈呈者:石垣市立新川小学校
日時:令和2年12月24日(木)13時45分〜
場所:石垣市立新川小学校 校長室
児童数:394名

赤い羽根学童募金の贈呈が「石垣市立新川小学校 校長室」であり、4万円余りの募金が寄せられました。
児童会長の真玉橋れお君より、「10月に赤い羽根ドラえもん募金箱が届いてから、全校生徒に募金の呼びかけをしました。 1年生から6年生まで皆で少しづつ集めました。石垣市のために使ってください」とのメッセージが寄せられました。
新田会長は、「皆さんのお気持ちを困っている方々におすそ分けしたいと思います」とお礼のことばを述べられました。

2020.12.25
贈呈者:石垣市立白保小学校
日時:令和2年12月24日(木)8時20分〜
場所:石垣市立白保小学校 体育館
児童数:108名

石垣市立白保小学校より、赤い羽根学童募金の贈呈式があり、13,283円の募金が寄せられました。
入嵩西校長は、「赤い羽根は、『勇気』と『善い行い』を意味しています。『善い行い』をするには、『勇気』が必要です。募金(『善い行い』)をすることで、多くの人に『勇気』を与えることもできます。 これからも募金活動を積極的に行っていきましょう。」と述べられました。
最後に、児童が一同起立をし、(赤い羽根募金を地域福祉のために役立てられるよう)「よろしくお願いします。」と声をそろえて一礼。
石垣市の福祉のために役立たせて頂きます。

2020.12.25
贈呈者:石垣市立野底小学校
日時:令和2年12月23日(水)8時25分〜
場所:石垣市立野底小学校 体育館
児童数:24名

石垣市立野底小学校より、赤い羽根学童募金の贈呈式があり、4,414円の募金が寄せられました。
安谷屋校長は、「今年度、コロナの影響により、特に困窮されている方が多くいらっしゃいます。」と述べられました。
また、児童会からも、「困っている人たちの役に立ち、助けられるよう、これからも募金活動を行っていきましょう。」とのお言葉を頂きました。

2020.12.24
12月24日(木)、二五トラの会(玻座真 初江会長)様より、歳末たすけあい募金として43,345円の寄付をいただきました。
同会は八重山地区の昭和25年生まれで結成し、会員はおよそ110名。海岸清掃など環境美化活動を長年に渡り継続して行っています。
今年は、結成40年と会員の古希にあたり、会員対象に開催した親睦グラウンドゴルフで寄せられた募金43,345円を歳末たすけあい募金として石垣市共同募金委員会へご寄付いただきました。
寄贈式では、玻座真会長より「会員の小さな気持ちを積み重ねて集めた募金です。福祉に役立てていただきたい」と挨拶。
募金を受け取った新田会長からは、「地域では、裕福な気持ちで年の瀬を迎える方ばかりとは限りません。
少しでも幸せのおすそ分けが出来れば」と感謝しました。

2020.12.24
市内高校で募金活動
先日、八重山高校生徒会・八重山農林高校生徒会より、それぞれ赤い羽根共同募金の寄贈がありました。
同募金活動で高校生の皆さんにご協力いただくのは、今回が初の試みでしたが、2校とも快く引き受けてくださいました。
活動は、生徒手作りの募金箱を各クラスに設置し、募金を募る方法で行われたようです。若い方のアイディア、素敵ですね♪
生徒代表からは「短い期間で実施したが、思った以上に集まり驚いた。石垣市の役に立てればうれしい。」と感想をいただきました。
コロナの影響等で年々募金状況が厳しくなっている本活動ですが、今後も連携しながら、さらに活発な活動になるよう推進していきます!ありがとうございました。


八重山高等学校生徒会 様


八重山農林高等学校 生徒会 様

2020.12.22
日時:令和2年12月18日(金)15時〜
場所:桃林寺

歳末たすけあい募金の贈呈が「南海山桃林寺花園会(会長:豊川敏彦)」様より有り、10万円余りの募金が花園会会員より寄せられました。花園会では、「おかげさま」という言葉を大切にし、周囲の方に「お互いに助けられている」という日頃の感謝の気持ちを込めて昭和63年より募金を続けられているとのことです。「困っている方、必要とする方へ届けてもらいたい。」と話されておりました。ありがとうございました。

2020.12.22
日時:令和2年12月22日(火)8時25分〜
場所:石垣市立大本小学校音楽室
生徒数:9名

赤い羽根学童募金の贈呈式があり、6,744円の募金が集まりました。
児童会長の當銘航羽さんは、「誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことが出来るよう、様々な課題の解決に取り組む人達の為に使われます。 赤い羽根は、『勇気』や『良い行い』のシンボルです。みんなの勇気や願いが、この募金に詰まっているので、石垣島をもっと良くするために使ってくれると嬉しいです。」とあいさつしてくれました。私たちが住む石垣島をより良くするために、私たちも精いっぱい取り組んで参りたいと思います。この度は、子ども達からの貴重な浄財をどうもありがとうございました。

2020.12.21
12月21日(月)、健康福祉センター視聴覚室にて令和2年度の歳末たすけあい支援金配分式を開催し、各単位民児協、市福祉総務課、こども家庭課の各代表者へ支援金の配分が行われました。この支援金は、企業、官公庁から寄せられた募金を活用し、支援が必要な世帯へ配分するものです。
配分にあたり、石垣市共同募金委員会の新田会長は「年の瀬を迎え、寄せられた皆さまの募金を今年も必要な世帯へ配分することができます。皆様のご協力に感謝します。」と挨拶。支援者を代表して島尻寛雄民生委員協議会会長より「毎年のご協力に感謝します。地域で必要としている方々へお渡しします。」と感謝の言葉をいただきました。 同支援金は民生委員、福祉関係機関の協力により、年内に対象世帯へ配分されます。今年は1世帯あたり7,000円を221世帯へ配分する予定です。

2020.12.17
日時:令和2年12月16日(水)8時25分〜
場所:石垣市立吉原小学校 体育館
生徒数:12名

赤い羽根学童募金の贈呈式があり、3,960円の募金が集まりました。
「自分たちの地域を、みんなで支え合う思いやりの心を育む」「社会福祉の役割を知り、自分にできることを考える」をねらいとし、児童会が中心となって、募金活動をしてくださいました。さらに、パワーポイントを用いて、質問形式で赤い羽根について学んでいる姿に感銘いたしました。ちなみに、昨年度に世界中で集められた赤い羽根募金の総額はいくらでしょうか?(答え:265億円)

2020.12.14
日時:令和2年12月11日(水)8時15分〜
場所:石垣市立宮良小学校 体育館
生徒数:115名

 赤い羽根学童募金の贈呈式があり、8,708円の募金が集まりました。児童の代表者は、「私たちの住む地域の為に活用してください。」と話してくださいました。コロナ渦ではありますが、こうして多くの募金が子ども達から寄せられたこと、大変うれしく感じます。ありがとうございました。

2020.12.14
12月11日(金)、八重山民俗舞踊保存会(赤山正子代表)より、赤い羽根共同募金として寄付をいただきました。 同保存会では「コロナ撲滅親睦チャリティーグラウンドゴルフ大会」を開催し、市内16舞踊研究所から45人が参加。その際に呼びかけた募金を毎年、赤い羽根共同募金として寄せていただいており、今年で7回目の寄付となります。寄贈式では、赤山会長から「地域とのつながりを保つために有効に活用してほしい」とご挨拶をいただきました。

2020.12.14
12月11日(金)、セブンスデーアドベンチスト八重山キリスト協会(植田祐幸代表)様より、赤い羽根共同募金として会員から集めた募金をいただきました。寄贈式では、同協会会計の下地せい子さんより「地域の方とコミュニケーションを図りながら募金活動を行っています。少しでもお役に立てれば。」とご挨拶をいただきました。

2020.12.11
12月9日(水)、華千の会與那國久枝こっこーまやいまっ子おどり教室(與那國久枝代表)様より、赤い羽根共同募金として52,401円を寄贈いただきました。
同教室では、3歳から小学6年生までの児童が八重山の踊りを学んでいます。
石垣第二中学校の郷土芸能部に所属する生徒が子どもたちの指導にあたっており、活動の際にオレンジボックスと名付けた募金箱により集めた募金を毎年、共同募金へ寄贈。
寄贈にあたり、生徒を代表して門下生の仲村渠真央さんより「嬉しいことがあった時におすそ分けとしてオレンジボックスに募金を入れ、みんなで集めました。困っている人や石垣市のために役立ててほしい。」とご挨拶をいただきました。
募金を受け取った新田会長は「10年間も継続して募金をいただき、感謝します。支援を必要とする方の為に大切に活用させていただきます。」と感謝の言葉を述べました。

2020.12.07
12月4日(金)、真如苑沖縄支部様より、石垣市共同募金会へ歳末たすけあい募金として10万円の寄贈がありました。
寄贈式では、伊波克也支部長より「社会貢献の一環として、毎年この時期に歳末たすけあい募金を寄贈しています。 困っている方に配分してほしい」とご挨拶をいただきました。
募金を受け取った島尻寛雄副会長は、「長年に渡るご協力に感謝します。年の瀬を迎え、支援を必要とする方達の為に大切に活用させていただきます。」と感謝しました。
真如苑では、平成13年の「真如苑石垣島」開設以来、毎年募金をいただいております。

2020.12.01
11月26日(木)石垣市立石垣中学校より、赤い羽根学童募金の寄付がありました。生徒会を代表し、福美委員の3名が社協に来局されました。福美委員では、お昼の清掃や花づくりなどのボランティア活動を行っているそうで、今回の赤い羽根募金の活動も「一人一人の小さな力を合わせると、大きな力になります」と呼び掛けてくださったそうです。おかげさまで、14,348円の募金が集まりました。生徒の皆さんの善意は、福祉の場で大事に活用させていただきます。ありがとうございました♪♪

2020.11.30
「我が島ぬ 社協通信」を更新しました。
2020.11.26
日時:令和2年11月26日(水)8時15分〜
場所:八島小学校
生徒数:248名

 赤い羽根学童募金の贈呈式が石垣市立八島小学校で行われ、児童の皆さんから11,898円の善意が寄せられました。 代表して、黒島愛桜さんから「無事に赤い羽根募金を集めることが出来ました。地域の町づくりに役立ててください」とのメッセージをいただきました。 仲地秀将校長は、「赤い羽根募金は、優しい気持ちを集める活動です。私たちが住む石垣島をさらに良くする一歩として、これからも協力していきましょう。」と述べられました。 学童募金へのご協力ありがとうございました。

2020.11.26
日時:令和2年11月24日(水)13時30分〜
場所:石垣小学校 校長室
生徒数:369名

 24日午後、市内で6校目となる赤い羽根学童募金の贈呈式が石垣市立石垣小学校(校長 市原教孝:児童数369名)校長室にて行われました。 贈呈式では、児童会役員より「全部で36,023円集まりました。石垣市の困っている人たちの為に使って下さい。」とバケツいっぱいにまとめられた募金が石垣市共同募金会会長の新田健夫氏に手渡されました。 その後、新田会長より赤い羽根共同募金の歌と使いみちについて紹介。募金を行ってくれた児童へ「全市民に代わって御礼を申し上げます。」と挨拶を行った。


写真左から、市原教孝校長、児童会役員の橋本栞拓くん、浦崎泰安くん、新田健夫会長、砂川勇心くん、宮良真美さん
2020.11.20
子供から大人まで絶大な人気となっているTVアニメ「鬼滅の刃」ですが…
石垣市共同募金委員会では、赤い羽根共同募金運動の一環として、500円以上募金いただいた方に、お礼として、 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編とコラボしたクリアファイルを差し上げています!裏面には、募金の使いみちなどが分かりやすく 記載されており、楽しみながら学べる内容となっています。気軽に参加できる福祉活動としていかがでしょうか。
 市内の各4店舗(かねひで石垣市場、サンエー石垣シティ、ドン・キホーテ石垣島店、メイクマン石垣島店)で 11月30日まで行われている街頭募金時に受け取れるほか、石垣市社会福祉協議会窓口でもお渡ししています。

先着順となりますので、お早めにお立ち寄りください♬。

2020.11.19
日時:令和2年11月18日(水)14時40分〜
場所:石垣市社会福祉協議会事務局
第63回沖縄県社会福祉大会長表彰(特別功労)伝達式

〜つながろう、未来の“つながり”のために〜

 この度、石垣市婦人連合会(黒石髙子会長、10婦人会、会員970人)が、 共同募金運動奉仕団体として特別功労賞を受賞されました。
石垣市共同募金 委員会の戸別募金協力員として赤い羽根共同募金運動に貢献頂き、募金活動 の基盤の確立や社会福祉の向上に尽力。石垣市社会福祉協議会の新田会長は
「慈善的な活動を長く続けられてきた皆様には頭が下がる思い。これからも 石婦連のお力添えを頂き、ご支援ご指導をお願いしたい」とあいさつ。
黒石 会長は「地域に根差した婦人会活動を展開し、豊かで温もりのある地域社会 づくりの実現を目指しながら活動してきた。表彰を頂けたことに感謝し、こ れまでの先輩方々にも感謝しながら、次の役員にも伝達し、ますます継続し て頑張っていきたい」とお言葉を述べられました。

2020.11.19
日時:令和2年11月18日(水)13時40分〜
場所:富野小中学校美術室
生徒数:15名

 赤い羽根学童募金の贈呈式が石垣市立富野小中学校で行われ、 生徒の皆さんから3,068円の善意が寄せられました。
宮川るり子校長より児童生徒に向けて『「美ら心」である思いやりの心を持ち、社会の為に役立つ人間になってください』と述べられま した。

2020.11.17
日時:令和2年11月17日(火)8時15分〜
場所:伊原間中学校体育館
生徒数:32名

 赤い羽根学童募金の贈呈式が石垣市立伊原間中学校で行われ、 生徒の皆さんから5,704円の善意が寄せられました。代表 して、生徒会副会長の福原杏樹(ふくはらあんじゅ)さんから 「困っている方々に少しでも役立つように集めました。その方 たちのために宜しくお願いします」とのメッセージをいただき ました。その温かいお気持ちに沿うよう大切に使わせていただ きたいと思います。

2020.11.12
11月9日より赤い羽根「街頭募金」運動がスタートしました!

約1ヶ月間、各団体協力の下、市内のかねひで・サンエー・ドンキホーテ・メイクマン4店舗にて実施します。今年はコロナ禍により、例年より取り組みが遅れていましたが、感染防止策に配慮して取り組みます。集まった募金は、地域の子どもからお年寄りまで誰もが『住んでよかったぁ~』と思えるまちづくりに向けて、福祉サービスやボランティア活動、災害支援等、幅広く活用されています。あなたの募金協力が、誰かのパワーになっています。お見かけの際は、ぜひご協力をお願い致します♪

2020.11.10
赤い羽根学童募金の贈呈式が、石垣市立川原小学校で行われ、8,482円の募金が集められました。

代表して大嶺力哉くん(小6)は、「心のこもった募金を有効に活用してください。これからも困った人の力になりたい」と話してくれました。

また同日、石垣市立登野城小学校でも贈呈式が行われ、42,722円の募金が集められました。

児童会会長の菊池拳太朗くん(小6)は、「このお金は僕たち登小っ子が困っている人たちの為に役立てて欲しいということで10月12日~10月16日にかけてコツコツ集めました。大切に使って下さい。」と挨拶してくれました。

2020.11.06
赤い羽根学童募金の贈呈式が、石垣市立崎枝小中学校で行われ、3,691円の募金が集められました。

今年度第一号の贈呈式となります。代表して児童会長の國仲彩禾さん(小6)が、「みんなで集めた募金を世の中の困っている人や、助けを必要としている人に活用してください。」と挨拶してくれました。

2020.10.02
10月1日より赤い羽根共同募金がスタートしました。

石垣市共同募金委員会では、日本トランスオーシャン航空(株)様の協賛により、「赤い羽根空の美ら島便」伝達式を開催し、客室乗務員より県知事メッセージと赤い羽根を副市長・本会会長へ伝達されました。本年度はコロナ禍での募金取り組みとなりますが、「つながる」ことをテーマに皆さまに赤い羽根共同募金へのご協力をお願い致します。

2020.08.24
令和2年度赤い羽根共同募金助成団体の募集について

石垣市内のボランティア団体や福祉関係団体等の福祉活動を推進するため、下記のとおり共同募金事業による助成団体を募集します。
助成を希望する団体は、下記関係書類をダウンロードいただき必要事項をご記入の上、本会まで申請をお願い致します。

1、助成金募集チラシ(PDF)
2、助成金公募要項(PDF)
3、助成金申請書類(PDF)
4、助成金申請書類(エクセル様式)

申請先
〒907-0004
沖縄県石垣市登野城1357-1
石垣市社会福祉協議会 総務係 宛て
2020.08.11
宮城菓子店よりお菓子「石垣の塩ちんすこう」40箱の寄贈がありました。
障害児デイサービス事業所、地域活動支援センター、就労事業所へ配布させていただきました。
ありがとうございました。
2020.08.05
「赤い羽根共同募金感謝状」伝達表彰を行いました。
赤い羽根共同募金への高額寄付者として丸尾建設株式会社様(中央共同募金会長感謝)、新城惟弘様(沖縄県共同募金会長感謝)へ感謝状が贈呈され、8月5日、新田健夫共同募金会長より伝達表彰が行われました。ご芳情に心より感謝申し上げます。
2020.07.30
令和2年度 石垣市社会福祉協議会職員採用試験結果
2020.05.19
5月15日、御菓子御殿様より、お菓子(塩胡麻ちんすこう)の寄贈がありました。
いただいたお菓子は、市内の学童クラブ、障がい児通所事業所等へ寄贈させていただきました。
ありがとうございました!
2020.05.13
請福酒造様より新型コロナウイルスの感染予防にアルコール消毒液の代替として77%の泡盛(請福77)の寄贈がありました。
福祉施設・団体様へ2本を上限として無料配布を行っております。市内で希望される事業所はお気軽にお問合せ下さい。

連絡先:石垣市社会福祉協議会(0980)84-2211

2020.11.30
むゆる館「令和2年12月予定表」を更新しました。
2020.11.13
【コロナ感染防止に伴う利用時間短縮お知らせ】
2020.11.06
むゆる館「令和2年11月予定表」を更新しました。
2020.09.30
むゆる館「令和2年10月予定表」を更新しました。
2020.08.25
むゆる館「令和2年9月予定表」を更新しました。
2020.07.28
むゆる館「令和2年8月予定表」を更新しました。
2020.06.26
むゆる館「令和2年7月予定表」を更新しました。
2020.06.01
地域活動支援センターページに「相談支援事業」を掲載しました。
2020.05.29
むゆる館「令和2年6月予定表」を更新しました。
2020.04.09
むゆる館「令和2年4月号」を更新しました。【月間予定表: R2年4月号(一部変更あり】
2020.03.04
むゆる館「令和2年3月号」を更新しました。
2020.01.30
むゆる館令和2年2月号予定表を更新しました。
2020.01.07
むゆる館令和2年1月号予定表を更新しました。
2019.11.25
むゆる館12月予定表を更新しました。
2019.11.18
歳未たすけあい募金へご協力をお願いいたします。
2019.10.31
むゆる館11月予定表を更新しました。
2019.09.24
むゆる館10月予定表を更新しました。
2019.08.28
むゆる館9月予定表を更新しました。
2019.03.28
ホームページをリニューアルしました。
赤い羽根新型コロナウイルス対策活動助成募集(第6次)について
2021.01.04
世界的に感染が拡大している新型コロナウイルスは、県民生活にも大きな影響を及ぼしており、
経済的困窮に加え、地域におけるつながりの希薄化や孤立化等深刻な状況が続いています。
沖縄県共同募金会では、コロナ禍の中で取り組まれている多様な支援活動を応援するため、事業費助成を行っています。

(1) 助成対象:NPOやボランティアグループ等の非営利組織等でコロナ禍で生活に困難を抱える人の支援を目的とした活動

(2) 助成期間:令和2年12月1日〜令和3年3月15日に行われた事業の経費

(3) 対象プログラム:下記活動で直接必要な経費を助成対象とする。
・子どもの居場所・学習支援、食事提供の取り組み
・子どもや女性の緊急避難先(シェルター)の提供
・子どもの一時預かり
・その他、必要と認められるもの

(4) 助成金額:1団体30万円以内

(5) 詳しくは、実施要項及び沖縄県共同募金会ホームページをご確認ください。
赤い羽根新型コロナウイルス対策活動助成募集要項 沖縄県共同募金会
新型コロナウイルス感染症の影響に
よる生活資金貸付のご案内
2020.08.11
沖縄県内外において新型コロナウイルス感染症が急速に拡大している状況を受け、 新型コロナウイルス感染拡大防止を目的として、緊急小口資金及び総合支援資金の申請は当分の間、郵送受付のみとなります。
申請を希望される方は下記ページより様式をダウンロードし、郵送にて手続きをお願い致します。
皆さまのご理解とご協力をお願い致します。

1、緊急小口資金関係申請書類
借入申込書(緊急小口資金)
借用書(緊急小口資金)
重要事項説明書(緊急小口資金)
収入減少の申立書(緊急小口資金)
添付書類チェック表(緊急小口資金)
記入例

2、総合支援資金関係申請書類
借入申込書(総合支援資金)
借用書(総合支援資金)
自立支援機関からの支援に関する同意書
重要事項説明書(総合支援資金)
収入減少の申立書(総合支援資金)
添付書類チェック表(総合支援資金)
記入例

3、総合支援資金特例貸付の延長について
下記の3つの要件全てに該当する方を対象として、総合支援資金の延長貸付を行っております。
貸付は1回限り、最大延長期間3ヶ月までとなります。申請は郵送にてお願いいたします。

(1)総合支援資金特例貸付を受けており、令和2年12月までに3月目である貸付期間が到来するケースであること。

(2)貸付期間の3月目において、引き続き、新型コロナウイルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯であること。

(3)生活困窮者自立相談支援機関(石垣市福祉総務課自立支援担当TEL:87-6025まで)による支援を受けること。

総合支援資金(延長用)関係申請書類
総合支援資金特例貸付(延長貸付)申込書
総合支援資金特例貸付借用書(延長貸付)
状況確認シート

申請書類送付先
〒907-0004
石垣市登野城1357-1
(石垣市健康福祉センター内)
石垣市社会福祉協議会 宛て
2020.04.20
新型コロナウイルス感染症の影響に伴う緊急貸付のご案内
【緊急小口資金貸付のご案内】
【借入申込書】
【借用書】
【誓約書】
【委任状(代理人用)】

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

0980-84-1199

〒907-0004 沖縄県石垣市登野城1357-1
(石垣市健康福祉センター内)